車検制度とは|石油製品および副製品の販売、自動車用品および部品の販売、自動車の修理、洗車ならびに車検の請負

車検制度とは

車検制度とは

車検とは、道路運送車両法によって定められる自動車等の検査のことです。車検を受けるには、軽自動車の場合は各地の軽自動車検査協会の検査場で、それ以外は国土交通省の運輸支局に車両を持ち込み受検します。
また、指定工場や民間車検工場と呼ばれる国土交通省の指定を受けた一般の自動車整備工場でも、国に代わって車検を実施する事ができます。

指定工場以外の自動車整備工場では、車検のクルマを全て陸運支局に持ち込んで一台一台検査を受けているのですが、近年では預かり時間の短さや費用面の有利性などから、指定工場で車検を受けるユーザーが増えてきています。

しかし、どこで受けた車検でも、その内容はヘッドライトや方向指示器がちゃんと点灯するか…、ブレーキの効き具合は基準値通りか…、エンジンの排気ガスに異常はないか…など、その時に「保安基準に適合しているか否かを検査するだけ」のものであり、故障の有無やその発症の可能性を点検するものではありません。ゆえに仮に車検翌日に車が故障しても車検の合否とは関係がないのです。

そこで、コスモ車検では車検を受けた後も安全に、そして安心してお乗りいただけるよう、プロの国家資格整備士がお車を確認し、「通すだけの車検」ではなく「安全にお乗りいただける車検」としてご提供しております。

整備とは

多くのユーザーが「車検=整備」と誤認されているようですが、実は全くの別物なのです。
人で例えて車検は健康診断、整備は治療(予防含む)と考えるとわかりやすいかと思います。
健康診断を受けたからと言って、不具合をそのまま放置していたら、
やはり病気になってしまいますよね?それと同じです。
車でも点検結果を踏まえた適切な整備がとても大切なのです。
コスモ車検では車検後、6ヵ月点検・12ヵ月点検などの定期検査(健康診断)を
行っており、治療が必要な場合はお客様と相談して整備を行います。
お車の調子が悪いと感じたらお気軽にコスモ車検にお申し付け下さい。

工場の種類

車検は自動車販売店や自動車整備工場のほか、カー用品店やコスモ車検のようにガソリンスタンドでも取り扱っております。

そこで、車検と整備を取り扱える工場、つまり「自動車分解整備事業者」についてご案内致します。

1)認証工場

運輸局長の認証を取得して自動車の分解整備を事業として運営できる工場で、
自動車の種類によって「普通自動車」「小型自動車」「軽自動車」の3種に区別されていて、
取り扱う車種と装置によって必要な人員・設備・面積等が決められています。
黄色い「認証工場」の看板が目印です。

2)指定工場

前項の認証工場の中で、国土交通省の指定を受けて国の検査場に代わってその工場内で車検を実施することが出来る(保安基準適合証を交付できる)工場を指します。指定工場には、検査機器や測定機器の設置保有ほか、一定数以上の自動車検査員や整備士、
また厳格な管理体制の構築が必要と定められています。
青い「指定工場」の看板が目印です。

コスモ車検では全国のガソリンスタンドでも珍しいほど多くの指定工場、認証工場を保有しており、それに比例して国家資格整備士も多く、サービスステーションで働いている8割が国家資格整備士の資格を保有しています。

車検の事なら陸運局と同じ整備工場を保有し、プロの国家資格整備が多く在籍するコスモ車検へお気軽にお問い合わせください。

車検の費用

車検時に必要な費用は、呼び方は様々ですが大きく分けて以下の2つに分類できます。

  • (1)法定費用
  • (2)車検整備費用

「法定費用」は自動車重量税と印紙代、そして自賠責保険料の3点で、
それぞれ明確に金額が定められています。
「車検整備費用」は各工場によって自由に設定ができる項目で、
その内容やそれぞれの呼称、そして料金も異なります。

つまり、お客様が支払いいただく車検の総費用は、
この「車検整備費用」よって大きく変動するのです。
コスモ車検ではできる限りお客様に安価に車検をご利用いただけるように
徹底した効率化で地域トップクラスの低価格を実現させています。
それぞれのコスモ車検の価格はこちらからご覧下さい。

このページの先頭へ